2017年07月29日

8月5日(土)桑名石取祭に合わせてフェラーリイベント開催!

8月5日(土)桑名石取祭に合わせてフェラーリイベント開催! こんばんは!いつもご覧いただきありがとうございます。エーディートイズの大西博志です。
イベント開催については以下の通りです。

     開催場所 エーディートイズの事務所・駐車場にて

​     開催時間 11時から14時まで

​石取祭が開催されてますので、ご来場の際は公共交通機関をおススメいたします。
JR関西線・近鉄桑名駅から徒歩約5分です。
​お誘いあわせの上、ぜひご参加下さい。

​皆様にお会いできることを、楽しみにしております!

〒511-0077
三重県桑名市末広町22-1 ヤマハ・ウイングビル5F(入口は裏へおまわりください)
​*次回、詳細の地図をご案内させていただきます。

桑名石取祭
桑名の春日神社の石取祭は、江戸時代初期に始まったものといわれ、桑名城下の町人や藩士が楽しみにしていた初夏の祭りです。祭車総数43台、全国的に見ても単一の神社、一神事でこれほどの山車が一堂に会する祭りは非常に珍しく鉦や太鼓を打ち鳴らし、「日本一やかましい祭り」と言われ、平成19年3月には「桑名石取祭の祭車行事」の名称で、「国指定重要無形民俗文化財」に指定されました。

試楽日午前零時、一斉に「叩き出し」が行われるその瞬間の音は、まさに轟音です。それは、この日のために一年を過ごし、この瞬間にすべてを爆発させるからです。

他所からお越しのみなさまには、鉦と太鼓の音がしばらく耳から離れないと思いますが、桑名っ子はこの音を子守唄代わりに眠りにつくといわれています。大変騒々しい、まさに「日本一やかましい祭り」ですが、本楽日の描く祭車の送り込みから、整列をしてる昼間の時間帯には、各祭車の彫刻などをじっくりとご見学ください。

日が落ちてからは、豪華絢爛の祭車の灯火が夜空を焦がしつつ蜿蜒半里(えんえんはんり)に亘って巡行する姿はまさに、一幅の絵と言えます。渡祭前と渡祭後の祭車の表情に違いを感じたり、各町別のいろいろな石取囃子も堪能できます。

 




カレンダー
«   2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最新の記事

カテゴリ

月別の日記一覧

  • RSS
  • RSSとは



タグ一覧

投稿者一覧


このページのトップへ

Copyright © ADToi's. All Rights Reserved.